横浜の老舗お豆腐屋さん”宮城屋”&横浜産小松菜の畑に見学に行ってきた!

イチオシ!

ご縁があり、今後の事業の参考になればと、NPO法人の代表の方に連れられ、社内のママ3人とその子供2人で、横浜の老舗お豆腐屋さん”宮城屋”さんと、横浜市都筑区の小松菜農家さんにお邪魔しました。

豆腐のみやぎや

大小の工場が並ぶエリアにある宮城屋さんの工場を探すも、明かりも殆どなく、当然看板もライトアップされているわけでもないので、軽く迷子になりつつ、お約束の5時に到着。
まだ、真っ暗な中、建物の隙間からは湯気が漂ってます。昔、お豆腐は日持ちのしない食品だったため、朝ご飯の味噌汁に入れるお豆腐などは早朝から買いに行く習慣があり、それに間に合うように作っていたから、お豆腐屋さんは早朝から営業されているそうです。
冷蔵庫が普及して何年もたった現在さえ、その習慣が多くのお豆腐屋さんで変わらず続いているおかげで、私たちは、スーパーでさえ新鮮なお豆腐を手に入れられるんですね。

衛生上の理由から、子供は製造現場には入れないということで、事務所にお邪魔し、お話を聞き、お豆腐をはじめ、いろんな商品を試食させていただきました。
豆腐は、栄養価も高く、子供にも是非食べさせたい食材の一つ。
子供たちの反応は・・・。
時間が早く、テンションも上がっていない状態だったのもあって、お豆腐の美味しさの違いは、子供の舌には難しかったよう。
でも、美味しいお豆腐は、豆の味がしっかりして、とっても濃い。
分かる分からないは別としても、本物の味を子供の時から食べさせるのは、食育としてとても大事なことだと思います。

【絹どうふ】
ただ柔らかくつるっとしているだけじゃなく、なめらかな中にも、大豆の存在感を感じる舌ざわりの絹どうふ。
【豆乳】
とても濃厚!こんな濃い豆乳初めてでした。とても美味しかったです
【揚げたての油揚げ】
私は、これが一番はまりました。
揚げたての油揚げを食べれる機会ってすごいレア。
ほんと貴重な味を体験させていただきました。
大豆の味と新鮮な油の味がとてもマッチしていて、美味しい😋
【豆腐の燻製】
初めて食べたけど、臭みをなくしたチーズのような味&食感。
さっぱりした後味なのに、こっくり感もあって、絶対ワインとかお酒のあてにぴったり!
ヘルシーだから、チーズと違って、食べても罪悪感も感じないし、間違いなく女子にぴったりのつまみ✨
【おぼろ豆腐】
出来立ての【おぼろ豆腐】
食べ物は、採れ立て、出来立てに勝るものなし。
う~んっ、おいし~💓
ほわっとした食感、ふんわり香る大豆のにおいに、しっかりしたお豆腐の味。
幸せな食べ物でした。

工場の片隅には、おからが入った袋が・・・。
朝、6時過ぎでこの量。
一日で出る量は・・・?
処理業者が毎日持って行っているそう。伺ったところ、原材料にこだわった良質なお豆腐を作った後には、当然ながら良質なおからが出るそう。
この良質なおからに見合った、おから製品を生み出したいと思わずにはいられません。

 

宮城屋の皆様、朝のお忙しい時間にお世話になり、ありがとうございました。

▶ 続いて、小松菜畑に・・・

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)