ドラえもんミュージアム(川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム)へ行ってみた!

おでかけ

土曜日、4歳の娘を連れてドラえもんミュージアム(川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム)へ行ってみました!

チケットは完全日時指定制、前日までにローソンでチケットを買わなければいけないのですが、前日に余裕で買えました。

場所は小田急線又はJR南武線登戸駅。登戸駅からバスによる直行便が運行しています。私達は小田急線向ヶ丘遊園駅から徒歩でテクテク歩いて行きました。正直あんまり人気なさそうだし混んではいないだろうと思っていたのですが、時間になるとぞくぞくと人が集まり、指定時間には行列になりビックリ!

中へ入ると、音声で展示の説明が聞ける機械と、ミュージアム内で観られるFシアターチケットをもらいました。
そして進んでいくと、ドラえもんやパーマンなどの原画がたくさん!実際に読んだものもあるので、感激!じっくりと見たかったのですが、我が家の4歳児が飽きてしまい、「早く出ようよ〜」と…仕方ないので進むと、「きれいなジャイアン」のオブジェが。井戸の中からきれいなジャイアンが出てきて、みんなそこで写真を撮っていました。私も並ぼうとすると、「もう行こうよ〜」と…ちゃんと見れない!!!私はここら辺でストレスが溜まってきました(笑)

お腹がすいてきたので、ご飯を食べることに!メニューをみると、キャラクターの可愛いお料理がたくさん!しかし、なかなかお高い…量的にも男性がお腹いっぱい食べる感じではないので、少し食べてから行った方がよかったかもな…と思いました。ちなみにここでも30分は待ちました。

ミュージムアカフェの近くには、大きなガチャガチャがあり、出てくるのはドラえもんのキーホルダー。とりあえず一回はやってしまいます!

そして、ミニシアター。受付でもらった切符みたいなものを渡すと、観ることができます(一回のみ)。内容は…まぁ…うん…という感じ。子供は喜んでいました!


その他は、こんな感じ。


屋上スペースには、ドラえもんおなじみの土管がありました。子供達が登ったり、写真を撮ったり。どこでもドアなどの色々なオブジェがあり記念写真を撮るのに最適な場所です。ドラえもんのどら焼きが売ってるのもこの近く。焼印の絵柄は3種類。美味しいどら焼きでした!

次はレストランの下にあるキッズスペースへ!木製でできた音の出るおもちゃ、つみき、ガリバートンネルなどあり、娘はその後、ここでずーっと遊んでいました。ただそんなに広くはないし、おもちゃも多いわけではないので、付き添いの親は睡魔が襲ってくるでしょう・・・

キッズスペースの向かいにはドラえもんなどの漫画とソファーがあり、ゆったりと自由に漫画を読むことができます。ただし小さい子と一緒に行ったら読むことができないでしょう(泣)!!


ミュージアムショップで私のハートを射抜いたグッズはコレ!

昔のドラえもん(?)のミニミニレターセット。
この、ドラえもんのずんぐりしたフォルム!

幸せそうに皿をなめるドラえもんのイラストの可愛いこと可愛いこと!
「高いな」とは思ったものの、つい買ってしまいました♡

大事に使おうっと〜!!

まとめ

・展示スペースへは戻ることができるので、小さい子連れで行く場合は無理に順路通りしっかり見ようとせず、子供はキッズスペース屋上スペースまで行って遊ばせ、交代で行った方がストレスなく原画などの展示をみることができると思います。
・館内へ食べ物の持ち込みはできません。先に展示を見るのであればレストランも混んでいますし、軽食を売っているところもないので、あまり空腹では行かない方が良いです。レストランの料理は可愛いし温かいし美味しかったので、オススメです!

ミニシアターで予告もしていた「ドラえもんのび太の宝島」4歳の娘と観てきました!
初めての、ちゃんとした映画館での映画。2時間黙って座っていられるか心配でしたが、全然大丈夫でした!(始まる前にしつこくトイレには行かせました!)
映画のラスト、私は感動して涙が・・・「娘は?」と思いチラッと見ると、超泣いてる!!!
後で「なんで泣いてたの?」と聞くと「わかんな〜い!楽しかった〜」と言っておりました。今でもこの時に買ったパンフレットは「読んで〜」と持ってきます。行って良かった!

 

taka

よろしく

プロフィール

関連記事一覧